横浜美容室

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜美容室 化粧品のローカルブランド、外資による相次ぐ買収も「今は我慢の時」―中国メディア

<<   作成日時 : 2011/04/22 14:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中国の大手ポータルサイト・騰訊(テンセント)に「化粧品のローカルブランドにそこまで固執するな。ブランド力の形成には時間がかかるものだ」と題した記事が掲載された。以下はその内容。

昨年12月、中国のスキンケア最大手ブランド、丁家宜(TJOY)が世界最大の香水メーカー、米コティグループに買収された。ここ数年、急成長を続ける中国スキンケア市場を狙った外国の化粧品メーカーが、「小護士」「羽西」「大宝」など昔からのローカルブランドを次々に手中に収めている。こうした動きを惜しむ声も多く聞こえてくるが、ローカルブランドにとってはある意味、救いの手だったのかもしれない。

なぜなら、中国のスキンケア市場は完全な自由競争が許されているからだ。これでは海外の大手メーカーにブランド力や資金面で圧倒的に負けている中国のローカルブランドが勝てるわけがない。敗北して完全に消滅するくらいなら、外資に身売りした方が得策だろう。自由競争の世界で弱肉強食は当たり前。欧米や日本などの先進国も同じ道を歩んできたのだから、我々もそこまで嘆き悲しむ必要はない。

今は我慢の時期なのだ。中国のローカルブランドが今やるべきことは地道に基礎体力をつけること。あと10年〜30年もすれば、中国は世界の下請けから脱却し、中国のローカルブランドの価値も高まって来る。そうなればもう、海外ブランドと戦っても負けることはない。買収されるばかりの運命からも逃れることができるだろう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜美容室 化粧品のローカルブランド、外資による相次ぐ買収も「今は我慢の時」―中国メディア 横浜美容室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる