横浜美容室

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜美容室 注目の「レスベラトロール」から見たサプリ市場

<<   作成日時 : 2011/04/30 17:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2010年に回復傾向を見せ、2011年以降も伸長が期待されるサプリメント市場。高齢化は進み、若年層にも健康志向が浸透している昨今、話題の成分を含むサプリメントを追った。

 赤ワインを飲むと認知症の予防や改善に繋がるというメカニズムを名古屋市立大大学院、岡嶋研二教授のチームが世界で初めて突き止めたとして、2010年9月29日付読売新聞や「報道ステーション」が報じた。このメカニズムに、赤ワインに含まれるポリフェノールの一種である「レスベラトロール」が重要な役割を果たす物質としてクローズアップされ、話題となった。

 当然、ワインを販売するメーカーや食品業界などは、高齢化社会・健康志向の高まりなどを背景に市場の活性化を睨み、PRや新製品開発に今後も力を入れてくることは予想される。前述の岡嶋教授の研究を2007年から支援しているメルシャン <2536> も、報道されたこの時期にニュースリリースを配布し、同教授との関係や詳しいメカニズムなどを、その研究成果が今年の7月に学会で発表される事と同時に紹介した。

 そして、この成分に注目しているのがサプリメント市場だ。一粒の中にその成分が多く含まれる事を大々的にうたい、手軽に摂取出来る事を併せてインフォメーションすることで、消費者の購買意欲を高める事ができるサプリメントは、2007年にピークを迎えたが、食品偽装などの報道により2009年までの2年間は下降していた。だが、2010年は微増、今後は健康志向の食品がより日常的になり、高齢者の増加も伴って市場は緩やかに拡大傾向で推移すると予想されている(シード・プランニング市場調査による)。

 数多く発売されている「レスベラトロール」成分を含むサプリメントだが、例えば、佐藤製薬の関連会社、ビーアンドエイチ サトウは女性向けに肌・疲れ・冷えなどキーワードに『美健知箋(びけんちせん)』を発売している。

 アンチエイジングの視点から商品をアピールするこのようなサプリメントもあれば、健康増進的な部分を主にアピールするサプリメントもあり、同じ「レスベラトロール」成分を含んではいるが、目的の違うものが次々と市場に投入されているのが現状だ。

 そしてさらに、「レスベラトロール」の抗酸化作用に着目し、商品化したサプリメントも登場している。体内での殺菌能力を持っているが、生活習慣病や薄毛・脱毛の原因とも考えられている活性酸素。これを抑制する抗酸化作用は加齢とともに低下していく。リーブ 21はそこをサポートしていくサプリメントとして、『レストル』の販売を開始した。同社は昨年11月にも糖転移ヘスペリジンを主成分として含む『柑橘流』を販売し、薄毛や脱毛の予防に繋がる事を目的として、血行不良改善のサポートをアピールした。また、アンファーはヒット商品『スカルプD』のサプリメントとして「レスベラトロール」も配合された『5α−R』を販売している。こちらも活性酸素と薄毛の関連性をうたっている。

 サプリメント市場が回復傾向を見せている今、注目の「レスベラトロール」成分を含む商品は、アンチエイジング、健康増進などの目的に留まらず、他の用途でも登場している。参入予定の様々な業界の動向も含め、この市場からは目が離せない。(編集担当:加藤隆文)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜美容室 注目の「レスベラトロール」から見たサプリ市場 横浜美容室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる