永作博美&井上真央、2大女優がロングヘアーに執着なしとキッパリ!2人が女優魂を見せる『八日目の蝉』

直木賞作家・角田光代の同名ベストセラー小説を映画化した『八日目の蝉』で体当たりの演技を見せた井上真央と永作博美が、難役への挑戦で葛藤(かっとう)の日々を過ごしたことや、ウラ話など、撮影時のエピソードを明かした。 誘拐犯の女と彼女に育てられた少女との逃避行と、少女が成長してからの姿を描く『八日目の蝉』。井上が演じた秋山恵理菜は、過去…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜美容室 フランスの人気オーガニックコスメが日本初上陸

そろそろコスメを春用に買い替え!? なんて考えているあなたにステキなニュース。実は、フランス発のオーガニックコスメブランド「メルヴィータ(Melvita)」が、今春、日本に初上陸するそう。記念すべき日本第一号店は、2月24日(木)、ルミネ新宿1に誕生とのことで、早速プレスの方に聞いてみることに。 「メルヴィータは、生物学者のベルナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜美容室 ローソン、健康志向に特化した新商品「いつでもナチュラル」を10日から販売

 ローソンは6日、美容と健康に特化したオリジナル商品「いつでもナチュラル」を10日から首都圏で展開する「ナチュラルローソン」で販売すると発表した。5種類計18品目で販売を始め、順次、商品を増やす予定。  「低カロリー」「多品目」「食塩相当量」など、健康と美容にまつわる計7項目に独自の基準を設け、商品を開発した。弁当や調理麺が480…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜美容室 注目の「レスベラトロール」から見たサプリ市場

2010年に回復傾向を見せ、2011年以降も伸長が期待されるサプリメント市場。高齢化は進み、若年層にも健康志向が浸透している昨今、話題の成分を含むサプリメントを追った。  赤ワインを飲むと認知症の予防や改善に繋がるというメカニズムを名古屋市立大大学院、岡嶋研二教授のチームが世界で初めて突き止めたとして、2010年9月29日付読売新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜美容室 資生堂、23年3月期は増収減益「中価格帯で苦戦」

資生堂が27日発表した平成23年3月期連結決算は、売上高が前期比4・1%増の6707億円、本業のもうけを示す営業利益が11・7%減の444億円と増収減益だった。中価格帯化粧品市場での苦戦や米ベアエッセンシャル買収に伴う一時的な連結影響などが響いた。  同社はまた、東日本大震災の影響で約30億円の減収につながったと発表。店舗の被災や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜美容室 花王、化粧品「デザイニングインプレッションアイズ」などを発売

花王(社長・尾崎元規)は、2011年6月14日、「オーブ クチュール」から、目もとを自然に強調する、上下のなじみ色ライナーが入ったアイシャドウ『オーブ クチュール デザイニングインプレッションアイズ』(全4種)と、『オーブ クチュール デザイニングプレミアムルージュ』(新色4色、限定4色)を新発売いたします。 1.発売のねらい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜美容室 化粧品市場をけん引するエイジングケア、ロートが新製品を発売

ここ数年の化粧品業界では、それぞれの年齢に適した肌ケアを目指す化粧品の登場が相次ぎ、「エイジング世代」と呼ばれる女性の間ではアンチエイジングがライフスタイルとして定着している。そういったニーズが拡大する中で、化粧品メーカーなどはこぞって専門のブランドを立ち上げており、エイジングケア関連の製品が現在の化粧品市場のけん引役となっている、とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜美容室 【フランス】LVMH、第1四半期は17%増収

高級ブランドグループのLVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは18日夕、第1四半期(1~3月)の売上高が7億6,200万ユーロとなり、既存店ベース(為替変動の影響除く)で前年同期比17%増加したと発表した。アジア市場での需要が依然として力強い上、米国や欧州でも販売が回復しているため。  部門別では、主力の服飾・皮革製品が13%の増収。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜美容室 韓国政府が化粧品分野など支援、EUとのFTAに対応

韓国政府は15日、EUとの自由貿易協定(FTA)発効を見据え、化粧品と医療機器の競争力の向上のために、ことしからの5年間で1700億ウォン(約130億円)を支援する計画を明らかにした。  企画財政部の任鐘龍(イム・ジョンリョン)第1次官は同日、国会外交通商統一委員会に出席し、EUとのFTA締結による国内産業の競争力強化対策を報告。化粧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜美容室 韓国20代の6割、オンライン共同購買サービス利用

大韓商工会議所が8日に発表した「ソーシャルコマース活用実態と満足度」によると、20代の59.6%はソーシャルコマースで割引クーポンや商品を購入したことがあった。  調査は20~50代の消費者1000人を対象に実施した。調査結果によると、30代の48.6%と40代の26.5%もソーシャルコマースを利用し、商品などを購入した経験があった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜美容室 化粧品のローカルブランド、外資による相次ぐ買収も「今は我慢の時」―中国メディア

中国の大手ポータルサイト・騰訊(テンセント)に「化粧品のローカルブランドにそこまで固執するな。ブランド力の形成には時間がかかるものだ」と題した記事が掲載された。以下はその内容。 昨年12月、中国のスキンケア最大手ブランド、丁家宜(TJOY)が世界最大の香水メーカー、米コティグループに買収された。ここ数年、急成長を続ける中国スキンケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜美容室 アジアに広がる日本食品の輸入禁止 野菜だけでなく食品全般に

世界各国で、日本の食品の輸入禁止が広がってきた。国内で「出荷制限」が出ている野菜だけでなく、生鮮食品すべての一時禁輸に踏み切った国もある。  厚生労働省が定める放射性物質の暫定基準値については、一部自治体から「厳しすぎる」と見直しの要望が出ている。海外では「日本政府が基準を下げて、食品を輸出しやすくするのではないか」と疑いの目も向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more